読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アート巡りの旅:直島、屋外作品

こんにちは キツです

 

今日は直島の屋外作品について書きます

 

作品の地図です

f:id:kituF333:20170328121058j:image

 

多いので分けて書いていきます!

 

*作者 : 作品名  です*

 

草間彌生: 南瓜

これは直島の看板作品の一つですね!

f:id:kituF333:20170331201231j:image

 

 

カレル・アペル: かえると猫

けっこう大きな作品です

 f:id:kituF333:20170331201454j:image

 

⑶ニキ・ド・サンファール: 会話

手前の青いものです

f:id:kituF333:20170331201652j:image

 

⑷ニキ・ド・サンファール: らくだ

f:id:kituF333:20170331202219j:image

 

⑸ニキ・ド・サンファール: 象

後ろ向きなうえに会話のスクショで申し訳ないです

f:id:kituF333:20170331202302p:image

 

⑹ニキ・ド・サンファール: 猫

f:id:kituF333:20170331202450j:image

 

⑺ニキ・ド・サンファール: 腰掛

ショップの入り口にあります

f:id:kituF333:20170331202532j:image

 

⑵〜⑹には植木があって自然と調和しているような雰囲気もします

 

 

キリがいいので今回はここまでです

 

次回は⑻〜(15)までの予定です!

 

 

ではまた次回

 

キツでした

 

Thank you for reading ☀︎

 

アート巡りの旅:直島、美術館

こんにちは キツです

 

今回も直島について書きます

 

今回は 美術館 についてです

 

NAME: ANDO MUSEUM

http://benesse-artsite.jp/art/ando-museum.html

 

SITE:本村地区

 

Admission: ¥510

 

美術館エリアではなく

家プロジェクト:南寺のすぐ近くにあるので先に書きます

 

f:id:kituF333:20170328115555j:image

建物の波模様がステキですね

 f:id:kituF333:20170328115827j:image

 

安藤忠雄さんが直島で建築されたものの過程や歴史が展示されています

 

光を上手くつかった神秘的な作品にするための工夫が詰まった空間です

 

 

では美術館エリアに移ります

 

NAME: 地中美術館

http://benesse-artsite.jp/art/chichu.html

 

Admission: ¥2,060 (15歳以下 無料)

 

まずチケットセンターでチケットを買います

f:id:kituF333:20170328120759j:image

 

その後坂を登って美術館へ行きましょう

f:id:kituF333:20170328120855j:image

 

地中美術館といえば

ジェームズ・タレル の オープン・スペース ですよね!

 

とくに印象的なのは オープン・フィールド ですかね!

私は青ではなくピンクとか紫に感じたんですけど

霧があるようでなにもない

とにかく不思議な作品です

 

ほかにも ウォルター・デ・マリア の "タイム/タイムレス/ノー・タイム" や クロード・モネ が有名です

 

 

次はベネッセハウミュージアム です

 

NAME:Benesse House Museum 

http://benesse-artsite.jp/art/benessehouse-museum.html

 

Admission: ¥1,030(15歳以下 無料)

 

f:id:kituF333:20170329135252j:image

 この左側の坂を登ったところにあります

 f:id:kituF333:20170329135439j:image

 

入り口です

f:id:kituF333:20170329135346j:image

 

 

作品はかなりたくさんあります

 

100生きて死ねというネオン管をつかった作品が代表的だとおもいます

100個の文字が順番に光っていく作品です

 

パンフレットのようにいっぺんに光るのかと思ってしばらく居てみたのですが

光る気配がしなかったので諦めました

 

ほかに3人のおしゃべりする人という作品があるのですが

けっこう衝撃なんですよね

小さい男の子がこの作品をみて泣いてました笑 気持ちがわかります

でもずっと聴いていると歌を歌いはじめるので ちょっと長居するのがオススメです

 

ほかも一つずつ紹介したい気持ちでいっぱいですが

次に移ります

 

 

NAME:季禹煥美術館(リ・ウーファン)

http://benesse-artsite.jp/art/lee-ufan.html

 

Admission : ¥1,030(15歳以下 無料)

 

f:id:kituF333:20170329141616j:image

この階段をおりたら

f:id:kituF333:20170331200235j:image

↑この作品を通って

↓こっちの作品へ向かうと入り口です

f:id:kituF333:20170331200306j:image

 

f:id:kituF333:20170331200350j:image

 

鉄 と 石 がテーマの美術館という印象でした

 

シンプルだけどなぜか緊張する

作者の意図を考えながら見ていくととても愉しい

そんな美術館でした

 

 

以上で直島の美術館について 

を終わります

 

次回は 屋外作品 について書きます

 

 

 

ではまた次回

 

キツでした

 

Thank you for reading ☀︎

アート巡りの旅:直島、家プロジェクト

こんにちは キツです

 

今日は直島について書いていきます

 f:id:kituF333:20170328115322j:image

直島には丸一日いてちょっと多めなので

 

何回かに分けて書こうとおもいます

 

 

今回は"家プロジェクト"についてです

 

NAME:家プロジェクト

 http://benesse-artsite.jp/art/arthouse.html

 

SITE:本村地区

 f:id:kituF333:20170328115339j:image

まず"本村ラウンジ"まで行ってチケットを買います

共通チケット¥1030で きんざ を除く6軒を見ることができます

 

ワンサイトチェットは¥410です

 

きんざ は完全予約制で¥510かかります

 

 

*家プロジェクトは建物内の撮影が禁止なので外観のみの写真になります

 

 

まず私は一番ラウンジから遠い 

はいしゃ へ行きました

 f:id:kituF333:20170328101954j:image

が  私が方向オンチなのか地図が読めないのか

 

全く場所がわからず時間がかかりました

 

チケットには7分って書いてありますが

絶対7分でなんて行けません!笑

地図の距離感をつかむのにコツがいるとおもいます

 

はいしゃは郵便局の道をまっすぐ進んですぐ右側にあります

f:id:kituF333:20170328102050j:image

↑はいしゃから郵便局を撮った写真

 

中には自由の女神がいたり床に写真が埋め尽くされてたり

とても斬新でおもしろいアイデアで溢れていました

f:id:kituF333:20170328102706j:image

f:id:kituF333:20170328102734j:image

 

 

次は 石橋 です

 

このいっちょ場を曲がり

f:id:kituF333:20170328102843j:image

このお店?をさらにまっすぐ進みます

f:id:kituF333:20170328102946j:image

↑最初手だけ見えるのでけっこう怖いやつです

 

到着

f:id:kituF333:20170328103140j:image

まさに家全体が作品となったのんびりとしたところでした

ザ・フォールズ は暗すぎず明るすぎない絶妙な空間で演出されていました

 

 

次は 角屋 へ行きました

f:id:kituF333:20170328103402j:image

水が張ってあるなかにデジタル表示の数字がチカチカ光っていて

時間の流れを感じられる作品です

 

その次は 南寺 です 

 

南寺は15分ごとの入れ替え制なので

先に整理券をもらってから ANDO MUSEUM で時間をつぶすのがオススメです

 

f:id:kituF333:20170328112924j:image

ここが真ーーーーっ暗でほんとになにも見えないんです

 

しばらくするとスクリーンが見えてきます

そのスクリーンに向かって歩くんですけど

これが怖くて怖くて笑

帰りも目印の黒い柱が見えなくてすごく焦りました笑

 

人とよくぶつかりますが仕方がないことなので

広い心とアートを楽しみきる気持ちで行きましょう!

 

ちなみに 南寺 は公園に接しています

f:id:kituF333:20170328113409j:image

 

南寺の次は少しもどって 碁会所 へ

 

*写真をとり忘れてしまいました ごめんなさい

 

椿の花がステキな作品です

1月ぐらいが満開の時期だそうなので

そのくらいにいくとさらにキレイだとおもいます

 

最後は 護王神社 です

ここへは(ラウンジからだと)徒歩でしか行けません

 

こんな階段が続きます

f:id:kituF333:20170328113928j:image

↑なんだかいい写真が撮れました!

 

登りきると高原城跡が見えます

f:id:kituF333:20170328114026j:image

ここをさらに進むと到着です

f:id:kituF333:20170328114426j:image

 

ここは2、3名ずつの入場なので

待っている間に写真をたくさん撮りましょう

 

地下と地上が一体となった作品です

暗いですがその暗さが作品をさらに輝かせていました

 

以上

家プロジェクトについてでした

小さめの作品なので自転車で1時間半あれば回りきれるとおもいます

 

次回は 美術館 について書きます

 

 

 

ではまた次回

 

キツでした

 

Thank you for reading ☀︎

アート巡りの旅:倉敷、美観地区

こんにちは キツです

 

今回は

 

美観地区について書きます

 

 

SITE:倉敷  美観地区

 

 

前回の鷲羽山の後に美観地区へいったので

 

児島駅から

下電バス 天城線 で

船倉町 まで行きました

 

 

美観地区入り口

f:id:kituF333:20170326111549j:image

それっぽい感じでウキウキしてきます

 

ではここからは写真でどうぞ

f:id:kituF333:20170326111817j:image

f:id:kituF333:20170326111832j:image

f:id:kituF333:20170326111844j:image 

f:id:kituF333:20170326112428j:image

f:id:kituF333:20170326112454j:image

f:id:kituF333:20170326112536j:image

f:id:kituF333:20170326112552j:image

f:id:kituF333:20170326112621j:image

 

日本って感じで心が落ち着くところです

 

美観地区には夜景を撮りにいったのですが

夜景って難しいですね

 

なかなか撮れなかったです

f:id:kituF333:20170326112808j:image

f:id:kituF333:20170326112822j:image

f:id:kituF333:20170326112835j:image

f:id:kituF333:20170326112846j:image

 

暗くなってしまって

 

申し訳ないです

 

ぜひ本物を見にいってください

 

 

ただ

少し気をつけなければならないのは

 

大体のお店が17時〜17半くらいで閉まってしまうところです

 

お土産は早めに買っておくのがマストです!!

 

 

事前に調べておかなかったので

夜ご飯にとっても困りました

 

お高めのところしか空いてないので

 

夜ご飯はもう倉敷駅周辺で済ますしかなさそうです

 

そういえば

駅へ行く途中いい地図を見つけたので

貼っておきます

f:id:kituF333:20170326114017j:image

 

 

美観地区は日本感溢れるゆったりとした場所でした

 

時間がなくて気になったところを回りきれなかったので

 

もしまた行く機会があったら

 

コンプリートしてきます

 

みなさんも

 

美観地区へ行くときは明るいうちに!!

 

以上 美観地区 についてでした

 

次回は 直島 について書いていきます

 

 

 

ではまた次回

 

キツでした

 

Thank you for reading ☀︎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アート巡りの旅:児島、鷲羽山

 こんにちはキツです

 

 

ここ最近間が空きましたが

 

ちょっと旅へ出てました

 

今日からはその旅について書こうとおもいます

 

流れ的には

 

鷲羽山→美観地区→直島→豊島

 

です

 

では最初は鷲羽山について

 

 

SITE:児島、鷲羽山

 

まず岡山駅から児島駅までJRマリンライナーで行きました

 

f:id:kituF333:20170326102420j:image

児島は"ジーンズ発祥の地"らしく

 

駅にもジーンズが溢れてました

f:id:kituF333:20170326102506j:image

f:id:kituF333:20170326102525j:image

 

児島駅からは下津井循環バス"とこはい号"で鷲羽山展望台までいきます

 

http://www.shimoden.net/rosen/rosen/tokohai.html

 

だいたい30分くらいで

バス代は260円です

 

途中の鷲羽山ハイランドで人がたくさん乗るそうなので

運転手さんから前の方移動するよう勧められます

 

ちなみに

バスの運転手さんの制服もジーンズでした!

 

 

バス停を降りたら上に歩いていきます

 

f:id:kituF333:20170326103550j:image

 ↑この写真の左に駐車場があります

 

登ってくと

f:id:kituF333:20170326103749j:image

f:id:kituF333:20170326105934j:image

展望台到着です

 

f:id:kituF333:20170326103948j:image

 お土産やさんから撮った写真

 

 

展望台から10分くらいで山頂へ行けるそうなので行ってみました

 

途中途中に写真スポットがたくさんあります

 

f:id:kituF333:20170326104801j:image

 

f:id:kituF333:20170326104906j:image

↑この手前にビジターセンターがあったと思います

 

f:id:kituF333:20170326104958j:image

 

坂道&階段なのでけっこうキツイです

 

階段を登り終えると

f:id:kituF333:20170326105255j:image

f:id:kituF333:20170326105148j:image

 

さらに石階段があり

 

そこを登ると頂上です!

f:id:kituF333:20170326105359j:image

 

着いた!!!

f:id:kituF333:20170326105428j:image

f:id:kituF333:20170326105452j:image

f:id:kituF333:20170326105508j:image

 

絶景ですよ!

坂道の疲れが吹っ飛ぶくらい!!

瀬戸大橋も水島コンビナートも見えます!

 

夜景はもっと綺麗なんでしょうね!!

 

 

 

実はギリギリまで鷲羽山に行くか行かないか迷ってたんですけど

 

行って大正解でした!! 

 

みなさんも時間があったらぜひ行ってみてください!!

 

次回は

 

美観地区について書きます

 

 

 

ではまた次回

 

 

キツでした

 

 

Thank you for reading ☀︎

 

 

 

 

 

いつかの展示会巡り:青の洞窟

 こんにちは キツです

 

今日はラストになる

 

いつかの展示会巡り

 

についてです

 

NAME: 青の洞窟

http://shibuya-aonodokutsu.jp/sp/

 

SITE:代々木公園ケヤキ並木 ー 渋谷公園通り

 

 

これはもう写真が主になるんですけど

 

それはもう

 

 

 

 

 

もうステキなイルミネーションでした

 

では

 

 

どうぞ

 

 

 

f:id:kituF333:20170315223949j:image

 

f:id:kituF333:20170315224007j:image

 

f:id:kituF333:20170315224026j:image

 

ね!?

 

綺麗ですよね!?

 

そして

 

撮った中で一番のお気に入りが

f:id:kituF333:20170315224142j:image

これです

 

その日は雨が降ってたんですけど

 

そのおかげで

 

光が道路に流れ込んできてるような

 

はたまた地中深くに染み込んでいるような

 

そんな面白い写真がとれました

 

 

私のカメラスキルがもっとあれば

 

本物そのままのような写真がとれたのですが

 

まだ初心者なもので

 

申し訳ないです

 

ぜひ来年本物をみにいって

 

全身で感動してきてください

 

 

ではまた次回

 

キツでした

 

thank you for reading ☀︎

 

 

 

 

 

 

 

 

いつかの展示会巡り:SWEETS BY NAKED

 

こんにちは キツです 

 

今日もいつかの展示会巡り

 

について書きます

 

NAME: SWEETS BY NAKED 

http://sweetsbynaked.com/

 

SITE: 表参道ヒルズ B3F スペースオー

http://www.omotesandohills.com/s/

 

プロジェクションマッピングを利用したデジタルアート展です

 

 

まず入口がとってもおしゃれなんですよね

f:id:kituF333:20170320212539j:image

海外のスナック通りみたいです

 

入ったらこんなかんじ

f:id:kituF333:20170320212938j:image

 

中央にこのオブジェがありました

f:id:kituF333:20170320213049j:image

このオブジェの台が本物のブラウニーでできているんです

f:id:kituF333:20170320213144j:image

 

このオブジェを中心に

 

チョコレートの仕立て屋さん 

f:id:kituF333:20170320214524j:image

 

アイスクリームのお花屋さん

f:id:kituF333:20170320213440j:image

 

火山かなんかの惑星

f:id:kituF333:20170320213517j:image

 

などがあります

 

Wスイーツチケットを買っておくと

 

チョコレートの仕立て屋さんではチョコの指輪を

f:id:kituF333:20170320214243j:image

 

アイスクリームのお花屋さんではアイスクリームを

f:id:kituF333:20170320214227j:image

 

貰うことができます

 

 あとは

 

 

言葉で説明するのが苦手なので

写真でどうぞ

f:id:kituF333:20170320214419j:imagef:id:kituF333:20170320214428j:image

f:id:kituF333:20170320214410j:imagef:id:kituF333:20170320214510j:image 

↑これ顔が映っているんです

f:id:kituF333:20170320214730j:image

f:id:kituF333:20170320215011j:image

f:id:kituF333:20170320215944j:image

 

 

SWEETS BY NAKED 

 

現代の技術

 

アート

 

SWEET

 

が合わさってできたこの展示会は

 

他にはできない雰囲気に包まれて

 

ずっとワクワクできる場所でした

 

20分ごとに始まるショータイムも

 

とってもステキでした!!!

 

 

 

 

4月28日から岐阜県多治見駅付近でまた開催されるようなので

ぜひ

ぜひ

ぜひ

行ってみてください!!

http://sweetsbynaked.com/tajimi/

 

 

次回は

 

最後にちょこっと寄った

 

渋谷の青の洞窟

 

について書きます

 

 

ではまた次回

 

キツでした

 

f:id:kituF333:20170320220132j:image

thank you for reading ☀︎