読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アート巡りの旅:直島、家プロジェクト

こんにちは キツです

 

今日は直島について書いていきます

 f:id:kituF333:20170328115322j:image

直島には丸一日いてちょっと多めなので

 

何回かに分けて書こうとおもいます

 

 

今回は"家プロジェクト"についてです

 

NAME:家プロジェクト

 http://benesse-artsite.jp/art/arthouse.html

 

SITE:本村地区

 f:id:kituF333:20170328115339j:image

まず"本村ラウンジ"まで行ってチケットを買います

共通チケット¥1030で きんざ を除く6軒を見ることができます

 

ワンサイトチェットは¥410です

 

きんざ は完全予約制で¥510かかります

 

 

*家プロジェクトは建物内の撮影が禁止なので外観のみの写真になります

 

 

まず私は一番ラウンジから遠い 

はいしゃ へ行きました

 f:id:kituF333:20170328101954j:image

が  私が方向オンチなのか地図が読めないのか

 

全く場所がわからず時間がかかりました

 

チケットには7分って書いてありますが

絶対7分でなんて行けません!笑

地図の距離感をつかむのにコツがいるとおもいます

 

はいしゃは郵便局の道をまっすぐ進んですぐ右側にあります

f:id:kituF333:20170328102050j:image

↑はいしゃから郵便局を撮った写真

 

中には自由の女神がいたり床に写真が埋め尽くされてたり

とても斬新でおもしろいアイデアで溢れていました

f:id:kituF333:20170328102706j:image

f:id:kituF333:20170328102734j:image

 

 

次は 石橋 です

 

このいっちょ場を曲がり

f:id:kituF333:20170328102843j:image

このお店?をさらにまっすぐ進みます

f:id:kituF333:20170328102946j:image

↑最初手だけ見えるのでけっこう怖いやつです

 

到着

f:id:kituF333:20170328103140j:image

まさに家全体が作品となったのんびりとしたところでした

ザ・フォールズ は暗すぎず明るすぎない絶妙な空間で演出されていました

 

 

次は 角屋 へ行きました

f:id:kituF333:20170328103402j:image

水が張ってあるなかにデジタル表示の数字がチカチカ光っていて

時間の流れを感じられる作品です

 

その次は 南寺 です 

 

南寺は15分ごとの入れ替え制なので

先に整理券をもらってから ANDO MUSEUM で時間をつぶすのがオススメです

 

f:id:kituF333:20170328112924j:image

ここが真ーーーーっ暗でほんとになにも見えないんです

 

しばらくするとスクリーンが見えてきます

そのスクリーンに向かって歩くんですけど

これが怖くて怖くて笑

帰りも目印の黒い柱が見えなくてすごく焦りました笑

 

人とよくぶつかりますが仕方がないことなので

広い心とアートを楽しみきる気持ちで行きましょう!

 

ちなみに 南寺 は公園に接しています

f:id:kituF333:20170328113409j:image

 

南寺の次は少しもどって 碁会所 へ

 

*写真をとり忘れてしまいました ごめんなさい

 

椿の花がステキな作品です

1月ぐらいが満開の時期だそうなので

そのくらいにいくとさらにキレイだとおもいます

 

最後は 護王神社 です

ここへは(ラウンジからだと)徒歩でしか行けません

 

こんな階段が続きます

f:id:kituF333:20170328113928j:image

↑なんだかいい写真が撮れました!

 

登りきると高原城跡が見えます

f:id:kituF333:20170328114026j:image

ここをさらに進むと到着です

f:id:kituF333:20170328114426j:image

 

ここは2、3名ずつの入場なので

待っている間に写真をたくさん撮りましょう

 

地下と地上が一体となった作品です

暗いですがその暗さが作品をさらに輝かせていました

 

以上

家プロジェクトについてでした

小さめの作品なので自転車で1時間半あれば回りきれるとおもいます

 

次回は 美術館 について書きます

 

 

 

ではまた次回

 

キツでした

 

Thank you for reading ☀︎